ラヴェンナ(Ravenna)★サン・ヴィターレ聖堂近くのかわいいモザイクのお店

エミリア・ロマーニャ州でボローニャの次に観光客が多いのが、モザイク画で有名なラヴェンナ(Ravenna)

ボローニャから東に直線で69㎞ほど(車で行くと約80㎞)行ったところにある小さな町で、その昔西ローマ帝国が首都を置き、ユリウス・カエサルがルビコン川を横断する前に自分の軍を終結させた場所としても知られています。

ボローニャの東ロマーニャ地方には、ユリウス・カエサルが軍を率いてルビコン川を渡ったと言われている橋が残っています。
詳しくは「ルビコン川の橋とカエサルの立像」をご覧ください⇒

 

6世紀までに繁栄を極めますが、6世紀末から急速に衰退したこと、その後ラヴェンナがイタリアの歴史の中で重要な都市にならなかったことから、西ローマ帝国や東ローマ帝国時代の文化遺産が現在でも良い状態のまま多く残っています。

初期キリスト教建造物群として1996年に世界遺産に登録されました

 

ラヴェンナについては、以前このブログでも世界遺産のモザイク画を効率よく回る道順を紹介したのですが、少し前に行った時にお土産を買うのにぴったりなかわいいモザイクのお店を見つけたので今回紹介しますね。

以前に紹介した記事はこちら↓
ラヴェンナ(Ravenna)でもう迷わない!共通券で見学できる教会・博物館を効率よく回るコースをご紹介♪

 

このお店があるのは、ラヴェンナで一番の見どころ「サン・ヴィターレ聖堂」のすぐ近く。

このお店を見つけたのは、お店の前の道にこんなモザイクの標識が置いてあったからでした。

最初は普通の車用の標識が置いてあるのかと思ったのですが、近くに行って良く見るとなんとモザイク!
矢印の標識も隣の三角ポールもモザイクでした。
お、おもしろ~い♪

矢印の先にモザイクのお店があったので、興味本位で入ってみることに。

小さくてかわいらしいお店。
お店の人に「ブログで紹介したいから」と声をかけ、店内の写真を撮らせてもらいました。

お店の真ん中にいるモザイクの豚ちゃん。
か、かわいい~~♪
(値段を聞いてみると5000ユーロ以上する高級品でした・・・これだけ大きいとやっぱりね)

店内にある作業台では、毎日交代でスタッフがモザイクを作っているそう。
作業がない日も時々あるようですが、スタッフが作業をしていれば実際にどんな風に作っているのか見ることができます。

亀や象、魚などの置物もたくさん。
ちょっと飾るのにかわいいですね♪

私が気に入ったのがこちら。小さいカラフルなお家がたくさん!
いくつかまとめて買って、つなげて置けばかわいいだろうなぁ。。。

ちなみに、写真の小さなお家は1個5ユーロ。

キーホルダーもありました。
こちらは1個8ユーロ。

 

見ているだけでもかわいくて楽しいお店でした。
ラヴェンナに行ったら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね~!

 

AKOMENA Spazio Mosaico
Via Giuliano Argentario, 2, 48121 Ravenna RA
営業時間:
毎日9時30分~19時30分(定休日無し)

 

 

ラヴェンナ情報
スポンサーリンク
SATOKOをフォローする
ボローニャとモデナの真ん中田舎暮らし
タイトルとURLをコピーしました