イタリアのレストランですぐに使えるイタリア語フレーズ6選

日本人が行く海外旅行の行き先として人気のイタリア。
イタリア旅行に行ったら「少しだけでもイタリア語を話してみたい!」と思っている人も多いのでは?

特にイタリアの観光都市(ベネチア、ローマ、フィレンツェなど)では多くの観光客が英語を話すので、少しでもイタリア語を話すと「イタリア語が話せるの?」「上手だね!」と喜んでくれる人や褒めてくれる人が多いです。
やっぱり、自分たちの言語を話してくれると嬉しいですよね!

SATOKO
私も昔、ローマのレストランでイタリア語を話すと喜ばれ、デザートをサービスしてもらった事があります(笑)

でも…

イタリア語って分からない。旅行に役立つ簡単なフレーズが知りたいな

という人がいるかもしれません。

そこで今回は「イタリアのレストランですぐに使えるイタリア語フレーズ6選」を紹介します。
レストランでよく使うフレーズを、一番簡単な言い方で紹介!
次回のイタリア旅行ではぜひ使ってみてくださいね~♪

旅行で使えるイタリア語については、こちらの記事で詳しく紹介しています↓

関連記事

イタリアに旅行に行こう!と決めた後、こんなことが気になりませんか? 今度イタリアに行くからイタリア語を少しでも話してみたいけど・・・。 どこから勉強すればいいの!?   […]

 

SATOKO
この記事はイタリア在住15年、現地通訳&ライセンスドライバーの私SATOKO(@satoko_italia)が書いています。
私の詳しいプロフィールはこちらから♪

夫婦で安全快適なイタリア個人旅行をお手伝い!こちらのサイト、ブログでも現地情報を発信中です。
Sol Levante Tour ◆ボローニャモデナウェブ

(私たちは)〇人です

事前に予約するなら人数を伝えますが、予約をしていない場合お店に入るとまず人数を聞かれます。
その時に使えるフレーズがこちら。例えば2人の場合は…

Siamo in due.(スィアモ・イン・ドゥエ)
=私たちは2人です
「due(ドゥエ)」はイタリア語の「2」なので、その部分に数字を入れれば何人でも使えます。
3人以上の場合は…
Siamo in tre.(スィアモ・イン・トレ)
=私たちは3人です
Siamo in quattro.(スィアモ・イン・クワットロ)
=私たちは4人です
Siamo in cinque.(スィアモ・イン・チンクエ)
=私たちは5人です
Siamo in sei.(スィアモ・イン・セイ)
=私たちは6人です
SATOKO
「お店に入ったらイタリア語を忘れちゃった!」という場合は、指で人数分の数字を示してもOK!
ジェスチャーは世界共通言語ですね(笑)

1人の場合の言い方は?

人数の言い方は分かったけど…1人の場合はどう言うの?

そうでした、そうでした!イタリアを1人で旅行する人もいますよね。
あなたが1人の場合はこう言えばOKです。

Sono da solo.(ソノ・ダ・ソロ)
=1人です ※男性の場合
イタリア語は男性と女性で言い方が少し変わります。
あなたが男性の場合は「Sono da solo.」でいいのですが、あなたが女性の場合はこのように言いましょう。
Sono da sola.(ソノ・ダ・ソラ)
=1人です ※女性の場合

(私は)これにします

注文する時に便利な一言がこれ。

Prendo questo.(プレンド・クエスト)
=これにします
メニューを指さしながら注文できるので、とっても便利!他にもこんな簡単な言い方もあります。
Questo, per favore.(クエスト・ペル・ファヴォーレ)
=これください
「Questo(クエスト)=これ」は欲しい物を指させばコミュニケーションが取れるので、覚えておくと便利な一言!
ぜひ旅行前に覚えてくださいね。

あれは何ですか?

他のテーブルの人が食べているものが、おいしそうで気になる時ってありますよね?
そんな時に使える便利なフレーズがこちら。

Che cos’è quello?(ケ・コゼ・クエッロ?)
=あれは何ですか?

知りたい料理を指さしながら言うと、「あぁ、あの料理のことを言っているんだな」と分かってもらえますよ!

おすすめはどれですか?

「メニューを見ても何を注文すればいいのか分からない…(涙)」ってこと、ありますよね?
そんな時はスタッフにおすすめを聞いてみましょう!
スタッフおすすめのメニューなら、外れる可能性はかなり低くなります。Qua

「おすすめは?」を意味するフレーズはたくさんあるのですが、その中でも一番簡単な言い方を紹介!
(と言っても、一番簡単な言い方でも少し難しいかも…汗)

Quale ci consiglia?(クワレ・チ・コンスィリア?)
=おすすめはどれですか?
※直訳すると「どれを私たちにすすめますか?」
あなたが1人の場合は…
Quale mi consiglia?(クワレ・ミ・コンスィリア?)
=おすすめはどれですか?
※直訳すると「どれを私にすすめますか?」
SATOKO
観光地のぼったくりレストランなど評判の悪いところは、おすすめを聞くと高い料理をすすめられることがあるので注意!
イタリアで実際に起こったトラブルについては、こちらの記事で詳しく紹介しています↓
関連記事

スリなどの犯罪が多いイタリア。ニュースでは、時々「イタリアのレストランでぼったくり!」なんて記事も見ますよね。 「イタリアに行ってみたいけど、トラブルに遭いそうで怖い…」という人もいるのでは? トラブルを怖がってイタリアに来ないなん[…]

その土地の名物料理(郷土料理)を聞きたい時は…

各地方の文化が色濃く残っているイタリア。イタリアに行ったら、観光客用のメニューではなく、その土地の郷土料理やワインをぜひ楽しんでみて!
「ここの郷土料理は?」と聞きたい時に使えるフレーズはこちら。

Qual è il piatto speciale?(クワレ・イル・ピアット・スペチェーレ?)
=名物料理(郷土料理)は何ですか?
Qual è la vostra specialità?(クワレ・ラ・ヴォストラ・スペチャリタ?)
=名物料理(郷土料理)は何ですか?

お会計をお願いします

お会計を頼むときはこちら。

Il conto, per favore.(イル・コント・ペル・ファヴォーレ)
=お会計をお願いします
SATOKO
イタリアのトラットリアやレストランでは、入口近くにあるレジに行って会計をするところも多いです。
気軽に食事ができるトラットリアはほぼこのスタイル、レストランだと席で会計もできるしレジに直接行ってもOK、というところが多いかな。
席で「会計をお願い」と言うと、「あっちで払ってね」とレジを指さされることも(笑)。会計の仕方が分からない場合は、周りの席の人がどうやって会計をしているか見てみると◎!

おいしかった!

レジで支払う時、お店を出る時などに「おいしかったよ!」と伝えたい時に使えるフレーズはこちら。
おいしかった、と伝えるとお店の人も喜びますよ!

Era buono!(エラ・ブォノ!)
=おいしかった!
Era buonissimo!(エラ・ブォニッスィモ!)
=とってもおいしかった!
食べている時に「おいしいよ!」とスタッフに伝えたい時は…
E’ buono!(エ・ブォノ!)
=おいしい!
E’ buonissimo!(エ・ブォニッスィモ!)
=とってもおいしい!
SATOKO
「Buono!(ブォノ!)」「Buonissimo!(ブォニッスィモ!)」だけでもOK!

イタリアでは一般的にチップの習慣はありませんが(地方によってはあるかも)、「めちゃくちゃおいしかった!」「スタッフの対応がめちゃくちゃお良かった!」という場合はチップを渡すのもあり。
チップを渡すことで「とても満足しました」という事が伝わるので、「イタリア語や英語は話せないけど、気持ちを伝えたい!」という時はチップを渡してみてくださいね。

イタリアのチップ事情については、こちらの記事で詳しく紹介しています↓

関連記事

イタリアってチップは必要ですか? そんなあなたの疑問にお答えします。 この記事では、 ✔イタリアってチップは必要? ✔どんな時にチップを渡せばいいの? ✔チップの渡し方は? ✔チップの相場は?[…]

イタリアのチップ事情をイタリア在住者が徹底解説!イタリアってチップは必要?

イタリア旅行で役立つイタリア語の本

言葉が分からない国へ旅行に行く時には、会話の本が1冊あると便利!
イタリア旅行に持っていくと便利な本を少しだけ紹介します。他にもいろんな本が出ているので、自分に合った本を見つけてくださいね!

イタリアのレストランでイタリア語を話してみよう!

英語を話す観光客が多いため、イタリア語を話すととっても喜ぶことが多いイタリア人(中には英語を話したい人もいるようですが…汗)。

イタリアに来たら、ぜひ少しだけでもイタリア語を話してみて。
きっと喜んでくれる人が多いはず!(デザートやエスプレッソをサービスしてくれるかも!?笑)

スポンサーリンク