ボローニャ情報

ボローニャの市立図書館「Salaborsa(サラボルサ)」

(※2021年10月に追加修正しました)

フィレンツェやヴェネツィアなど他の都市に比べると、見所の少ないボローニャ。
でも、旧市街をのんびり歩いてみると、いろいろと面白い物があるんです。

今回紹介するのはこちら。

ボローニャ市立図書館(Biblioteca Salaborsa)

ボローニャの中心「マッジョーレ広場」にある、市立図書館「Biblioteca Salaborsa(ビブリオテーカ・サラボルサ)」。

マッジョーレ広場の市庁舎の建物の中に、ボローニャの市立図書館はあります。


サン・ペトロニオ聖堂に向かって右側の大きな建物が市庁舎です。図書館の入り口は、マッジョーレ広場に入ってすぐの辺り。

マッジョーレ広場のあるネプチューンの噴水。
この噴水、時々びっくりする場所から水が出ているんです…(水は時々しか出ていないので、見ることができたアナタはラッキーかも!?)

 

図書館の入り口辺りにはいつも大勢の人が。
ボローニェーゼ(ボローニャに住むイタリア人)たちの待ち合わせ場所にもなっているみたい。

それでは、さっそく中に入ってみましょう!
入り口を入ると、3階建ての吹き抜けの空間に出ます。

さすがはイタリア。公共施設も美しい~!

床の一部はガラス張りになっていて、下にある遺跡が見えるようになっています。
金曜日の18時30分と、土曜日の16時30分には、ガイド付きで見学できるようですよ。
興味のある人は是非見学してみてくださいね。

中には、バールやレストラン、インターネットカフェなどがあり、いつもたくさんの人で賑わっています。
ボローニャの町歩きに疲れたら休憩がてら立ち寄ってみては!?

これ、な~んだ?

劇場のような造りになっている3階建ての吹き抜けの空間で、おもしろい物を見つけました。
これ、な~んだ?

この不思議な形のもの。実は、椅子なんです。

どうやって座るのかと言うと・・・

 

背もたれがない代わりに、前の部分が肘置きになるので、本を読むのも楽そう。
(反対向きに座ると、背もたれにもなりそうですね)

図書館にある椅子だけに、本が読みやすくなっているんですね。
この日も、何人もの人がこの椅子に座って本を読んでいました。

図書館に行くことがあれば、是非この椅子の座り心地を試してみてくださいね!

ABOUT ME
SATOKO
2006年よりイタリア在住。2児の母。 日伊通訳&ライセンスドライバー。 専用車にて個人旅行を快適に楽しみたい旅行者をサポートしています。 ◆◆くわしいプロフィールはこちら◆◆