二人目はやっぱり早かった!

ちょうど予定日の11月29日に産まれたユウキ。
(今回も、日本名は旦那が決めました。漢字がまだ決まってないので、早く決めないと。。。汗)

毎日おっぱいをいっぱい飲んで、いっぱい寝てくれるとってもいい子です。

ケントを出産した直後は、母乳がすぐに出なかったためにケントの体重が増えず、ミルクを足したりしていたのですが、今回は出産後すぐに母乳もいっぱい出ているようで、ユウキはどんどん大きくなっています。

ザ・寝る子は育つ!

 

 
 

予定日の前日の28日に検診があり、「このまま陣痛が来なければ、今度は1週間後に受診してね」と言われて一旦帰宅した私。

その日の夕食後に破水し、慌ててケントをリタ(義姉)の所に預けて病院へ。
病院に着いたのが午後10時頃で、まだ陣痛が来ていなかったので「12時間陣痛が来るか待ちましょう」と陣痛室で陣痛を待つことに。

待つこと約3時間。。。

午前1時頃から陣痛が来始め、「あいたた・・・強くなってきた」のが午前2時頃。
午前2時40分頃には強い陣痛が2~3分おきにやってきて、それからなんと30分もしないうちに出産完了。

・・・なんともあっけないぐらい早く終わったのでした。
(いや、でも、2回目と言えどもやっぱりめちゃくちゃ痛かったです。。。ハイ)

 

イタリアでは、自然分娩の場合の入院期間は(母子共に問題なければ)2泊3日なので、12月1日のお昼頃には家に帰ってきました。
入院中はあまりリラックスできなかったので、家に帰ってきてホッと一息。
やっぱり、家は落ち着きます。

今は夜中も約3時間置きに授乳があって、続けて寝られないのが少し辛いですが、今のところ楽しく二人育児をがんばっています。

 

これからもいろんな事があると思いますが、育児を楽しんでいけたらいいな。
ユウキ、私達のところに産まれてきてくれてありがとう!

いっぱい食べて、いっぱい寝て、どんどん大きくなってね。

 

 

イタリア生活
スポンサーリンク
SATOKOをフォローする
ボローニャとモデナの真ん中田舎暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました