2012年夏のバカンス・ドロミティ編 ~2日目~

今回泊まったホテルがあるRenon地方では、ホテルに泊まると交通機関が無料になる「Renon Card」をもらえます。
私達もチェックインの際にカードをもらっていたので、翌日は無料の交通機関を使ってボルツァーノの町まで行ってみることに。

ホテルから森の中を通って、小さな駅まで歩きます。

 

電車が到着。

この単線列車で「ソプラボルツァーノ」という町まで行き、そこからロープウェイでボルツァーノへ行くことができます。

 

ソプラボルツァーノにあるロープウェーの駅。
電車の駅のすぐまん前にあります。

 

ロープウェーからの景色。
ぶどう畑が広がります。

 

ボルツァーノの町が見えてきましたよ~!
ボルツァーノのロープウェイの駅は町の外れにあるので、そこから旧市街までは少し歩きます。

 

 
 
 
 

ボルツァーノのあるアルトアディジェ州はオーストリアの国境近くにあるので、ここでの第一言語はドイツ語の人が多いんだとか。

イタリアなのに、標識や看板などはイタリア語とドイツ語の2ヶ国語で書かれていて、まるで外国にいるような気になりました。
ボルツァーノの町並みも、普段見慣れているイタリアの町並みとは全く違います。

昼食を食べようと入ったレストランでも、お店の人がテキパキと忙しそうに働いていて、何だか日本の接客を思い出しました。。。

 

ボルツァーノの町を散策した後は、またロープウェイと列車を乗り継いでホテルへ。
一日よく歩いて、ちょっと疲れた一日でした。

翌日は、またまた列車に乗って周辺の小さな町めぐりをしてみることに。

 

3日目に続く。

 

 

 

ブログランキングに参加中です。ポチっとお願いします
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログへ
旅行記
スポンサーリンク
SATOKOをフォローする
ボローニャ/モデナの専用車・日本人通訳サービス
ボローニャ/モデナの専用車・日本人通訳手配、現地ツアーなら!

ボローニャ/モデナを中心とした北イタリアで、専用車・日本人通訳手配、現地ツアーにて皆様の快適なイタリア旅行を夫婦でお手伝いしています。

「高齢者や小さなこどもがいるから、車で快適に移動したい」
「通訳付きでショッピング、観光を楽しみたい」
「郊外の小さな町、アグリツーリズモに行きたい」

など、ツアーではできない自由な個人旅行をお手伝いいたします。
お問い合わせはお気軽にどうぞ♪

ボローニャとモデナの真ん中田舎暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました