モランディを巡る旅 その2

Mさんたちを案内して2日目に行ったのは、ボローニャ郊外の山の中にある小さな町「Grizzana Morandi」。

(「モランディを巡る旅 その1」はこちら→)

その生涯のほとんどをボローニャで過ごしたモランディが、夏の間避暑地として過ごしていた小さな町です。

 

モランディが夏の間暮らしていた家が、今も残っています。
生涯独身だった彼は、いつも3人の妹たちと一緒に来ていたようです。

一番末の妹が亡くなった時、「この家を町に譲渡します。ただし、このままの状態で保存すること」という遺言があったそうです。
家は町の所有になりましたが、中は彼女が亡くなった時のまま保存されており、希望者は中を見学することができます。

中は写真が禁止されていたので撮れなかったのですが、すべてが当時のまま保存されているのでとても興味深かったです。

2階にはモランディのアトリエがあり、彼が実際に使っていたイーゼルや筆、デッサン用に並べられた缶などがそのまま残っていました。
見学には事前に予約が必要ですが、無料で見学することができます。

 

モランディファンには必見のスポットですよ!
ボローニャからは交通機関で行きにくい場所にあります。

専用車での移動をご希望の方は、こちらの「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

 

 

さて、町を見学した後は、町から車で5分ぐらいの所にあるレストランへ。

 

 

この辺りの地理に疎い私達は、インターネットでのクチコミを頼りにレストランを探したのですが、これが大当たり!

 

お客様と一緒だったので写真を撮りそびれてしまったのですが、パスタは大盛りでおいしいし、旦那やMさんが注文したお肉もやわらかくてとってもおいしかったです。

お肉は、「久しぶりにこんなにおいしいお肉を食べた!」と感激したほど。
お値段も良心的で、とってもお得な田舎のレストランでした。

 

レストランからの景色。
この日はお天気がよかったので、絶景が楽しめました。

Grizzana Morandiの辺りに行くことがあれば、是非ここにも寄ってみてくださいね!

 

Ristorante La Prada
Via Terre Bianche, 93/T – Loc. Stanco – Grizzana Morandi (Bologna)
Tel. 051.913338
http://www.ristorantelaprada.com/

 

 

 

 

ボローニャ情報
スポンサーリンク
SATOKOをフォローする
ボローニャとモデナの真ん中田舎暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました