渋いレストラン

日本のお客様からもよく予約のリクエストを受けるし、ボローニャのMちゃんからも美味しいと聞いていたので、ずっと気になっていたレストランがありました。

ボローニャのマッジョーレ広場のすぐ近くなので、観光の途中で立ち寄るにもとても便利なところにあります。

ずっと気になっていたこのレストランに、少し前に日本のお客様と一緒に行ってきました。

 

ボローニャのメイン通り「Via Indipendenza」から一本奥に入ったところにあります。

 

お店を入るとすぐに階段があり、地下に案内されました。
レストランの雰囲気はこんな感じ。

入って驚いたのは、ウェイターがみんな渋い年代のおじさんたちということ。
若いウェイターや女性は一人もいません。

う~~~ん、なんとも渋いレストランだなぁ。。。

私達が注文したのは、

*ラザニア
*ボロニェーゼ(ミートソース)
*トルテッリーニ・イン・ブロード
(お肉と野菜でだしをとったスープに、小さな詰め物が入っています)
*パッサテッリ
(お料理の写真がなくてごめんなさい。。。(ノД`゚)゚。)

どれもとってもおいしかったのですが、ボローニャの中心地のど真ん中にあるレストランだけあって、やっぱりお値段は高めです。

ボローニャ在住者にはちょっと手が出ないレストランですが、
「せっかくボローニャに来たからには、ちょっと高くてもおいしいものが食べたい!」
という人にはいいと思いますよ。

おじさんウェイターのサービスも良く、デザートもとってもおいしかったです。

(ボケボケの写真でごめんなさい。。。(ノД`゚)゚。)

この右下に写っているデザート、ボローニャやモデナ地方のレストランでよく見かける「Zuppa Inglese(ズッパ・イングレーゼ)」というもの。
リキュールに浸したスポンジと2種類のクリームのデザートです。

イタリア人はこのデザートが大好きでよく食べるのですが、レストランによってはクリームが甘すぎて「オエッ」ってなってしまうところも。

クリームの甘さが控えめだと、とってもおいしいのですが、レストランによって当たり外れのあるデザートです。
さて、このレストランのズッパ・イングレーゼですが、クリームがあっさりしていて食べやすかったです。

ただ、ひとつが大きいので全部を一人で食べると飽きてしまうかも。
2人でひとつを分けるのがちょうどいいかもしれません。

 

ボローニャ旧市街にある、おじさんたちの渋いレストラン。
気になる方は是非どうぞ~!

Ristorante da Nello
Via Monte Grappa, 9/2 Bologna
Tel:051 236331

 

ボローニャ情報レストラン情報
スポンサーリンク
SATOKOをフォローする
ボローニャとモデナの真ん中田舎暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました