カーニバルのお菓子

最近雪の話題ばっかりなので、今日はお菓子の話題を。

2月は、ヴェネツィアなどのカーニバルが行われる季節ですが、この季節になるとよく見かけるお菓子があります。

キャッケレ(イタリア語で「お喋り」という意味)という名前のお菓子で、小麦粉、たまご、砂糖、バター等を混ぜ合わせたものを薄くのばしてリボン状などの形にカットし、やや高温に熱した油で揚げて仕上げに粉砂糖をかけたもの。

地方によって、いろいろな名前があるようです。

この時期になると、スーパーやパン屋さん、お菓子屋さんなどでよく見かけたり、レストランに行ってコーヒーを頼むと、サービスで一緒に出てきたりもします。

サクサクとして、ほんのり甘くてとってもおいし~い!
食べだすと止まらなくなるお菓子です。

この時期にイタリアに来たら、是非食べてみてくださいね!

★「作り方を知りたい!」という人のために、イタリア語ですが写真付きでわかりやすいサイトがあったのでリンクしておきますね。
ビデオも付いているので、イタリア語がわからなくても手順は分かるかも!?
(サイトが開くと音が出ます。音量にご注意ください)
http://ricette.giallozafferano.it/Chiacchiere.html

 

 

食べ物・飲み物
スポンサーリンク
SATOKOをフォローする
ボローニャとモデナの真ん中田舎暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました