Osteria di Rubbiara その2

Osteria di Rubbiara その1」の続きです。

 

バルサミコ酢を作っているところを案内してもらう前にレストランの入り口から入った時、入り口に「携帯、テレビの持込を禁止する」という張り紙がしてありました。
(「テレビなんて誰が持って入るんだ」とみんなで突っ込んだのですが・・・笑)

旦那が「こんな張り紙があるよ」と教えてくれたので、みんなで「じゃあ、携帯の電源を切っておこうか」と電源を切りました。

バルサミコ酢の説明の後に、レストランでお料理が運ばれてくるのを待っている間、入り口近くにこんな物を発見。

携帯を入れる箱。

「へ~、こんな物まであるんだね」と話していると、私達に近づいてくる男性が。

先ほど、ジュゼッペさんが「父親です」と紹介してくれたここの5代目当主でした。
(にこりともしない、こわーいおじさんです・・・汗)

「ここは携帯は禁止だよ」と言うので、「もう電源を切りました」と答えると、
「・・・持って入るのも禁止だよ。あそこの箱に入れなさい」

と、携帯を入れる箱を指差して去っていきました。

こ、こわいよ~~~!!(涙)

結局、私達は携帯箱には入れなかったのですが、後から入ってきた人たちを見ていると、みんな携帯を箱に入れてからレストランに入ってきます。

へ~~、このレストランではそうするのが常識なのね。
このおじさんにビクビクしながらも、お料理はとってもおいしかったです。

ボリューム満点!

 
 
 
 
 
 

パスタもお肉もおいしかったのですが、この「鶏肉のランブルスコ煮と玉ねぎのバルサミコ酢煮」が特においしかったです!

バローロ煮と言うのはよく聞きますが、ランブルスコ煮は初めて。
ランブルスコもバルサミコ酢も、ここで作っている物を使っているとか。

そりゃ、おいしいはず!

 

最後は、デザートと一緒にリキュール類も出てきました。

これも、全てここで作っているものばかり。
私は「Nocino(ノチーノ=くるみのお酒)」を頂きました。

おいしいお料理が、自家製のランブルスコやバルサミコ酢、リキュール類などと一緒に楽しめるオステリアでした。

お近くの人は、是非一度行ってみてくださいね。
あ、レストランに入る時には、携帯を箱に入れるのをお忘れなく!(笑)

Osteria di Rubbiara
Acetaia Pedroni

Via Risaia, 2 41015 Nonantola Modena
059 549019
http://www.acetaiapedroni.it/

 

★こちらのオステリアには、モデナまたはボローニャからご案内できます。
ご希望の方は「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

 

 

モデナ情報レストラン情報
スポンサーリンク
SATOKOをフォローする
ボローニャとモデナの真ん中田舎暮らし

コメント

タイトルとURLをコピーしました