ボローニャから行ける「イタリアで最も美しい村」その① ~Brisighella(ブリジゲッラ)~

いつもならもう5月はお天気がいいと暑いぐらいなのですが、今年は例年よりかなり涼しい日が続いています。
お天気もすっきりせず、曇りや雨の日が多い毎日・・・。
(少し前には、5月なのに雪が降ったしね・・・汗)

ここ2日ほどいいお天気ですが、また今週末は天気が崩れる予定・・・。

暑いぐらいの気候が恋しい~!

 

そんな毎日が続く中、先週の金曜日は久しぶりに晴天だったので今週仕事で行く予定の2つの村を下見しに行ってきました。

イタリアには「I Borghi più Belli d’Italia(イ・ボルギ・ピュウ・ベッリ・ディタリア=イタリアで最も美しい村)」に指定されている小さな村がたくさんあり、エミリア・ロマーニャ州で指定されている村は13か所。

エミリア・ロマーニャ州で指定されている小さな村はこちら⇒

 

その中で来週行くのはブリジゲッラとドッツァという小さな村。
車でひとっ走り2つの村を下見してきました。

2回に分けて2つの村をご紹介しますね。今回はブリジゲッラ!

 

ブリジゲッラは、ボローニャから東に行ったところにある陶器の町「ファエンツァ」の南にあります。

 

ボローニャからは高速でファエンツァまで行き、そこから下道でブリジゲッラへ。

旧市街の近くに車を止めて、旧市街をブラっと散策してみました。
小さいけれどとっても絵になる可愛らしい村「ブリジゲッラ」。

写真で村の様子を紹介しますね!

 

 

旧市街の北にあるナルディ通り(Via Naldi)には観光案内所がありました。


来週のために情報収集、情報収集・・・。
中に入ってみると、とっても親切なスタッフがいろいろ教えてくれました。

ブリジゲッラ旧市街の地図ももらえます。

ブリジゲッラには城塞と時計塔があるのですが、中を見学できるのは土日のみ。
平日は20人以上のグループだと開けてくれるようです(有料)。

城塞:土日のみ 10時~12時30分 / 15時~19時
時計塔:土日のみ 10時~19時
城塞の博物館の共通チケット:3ユーロ(6歳までの子供は無料)

 

 

ブリジゲッラの見どころの一つが建物の2階部分にある通路。
Via degli asini(ロバの道)」と呼ばれるもので、昔は山の上に登るのにロバを使っていたらしくロバ小屋を改装した建物の2階部分にあります。

観光案内所を出て左に少し行くと、ロバの道への入り口が。

入り口を入ると右側に階段があり、そこを上ると天井の低い通路があります。
ここが「Via degli Asini(ロバの道)」。

昔、ロバ小屋として使われていた時の図がありました。
(クリックすると拡大します↓)


入り口を入ってまっすぐ進むと時計塔まで登れます。

 

通路の反対側。
通路には半月型の窓が並んでいて、なんとも素敵な写真が撮れます♪

 

観光案内所を出て右に少し行くと、こちらは城塞まで登れる道が。

Rocca」とはお城のこと。
Rocca →」の表示を目印に登ってくださいね。

 

一本道なので迷うことはありません。
ひたすら坂道と階段を上っていきます。

階段を上ると突き当りで左右に道が分かれるのですが、「Rocca ←」と書いてくれてあるので表示に沿って左に進みましょう。
(右に行くと人の家に入ってしまうようです・・・汗)

少し登ってきました。
旧市街の建物の屋根が見えてきましたよ~♪

道沿いにイチジクの木を発見!

ボローニャやモデナの辺りでもいろいろな所に生えているイチジク。
もう小さな実がなっていました。

ここからどんどん階段を登っていきます・・・ゼイゼイ。

だいぶ登ってきました~♪
遠くに時計塔も見えますね。
(この景色、ちょっとサンマリノに似ています)

途中休憩できるベンチもあります。
この日はお城に入れなかったので、ここで少し休憩して帰ってきました。

 

私は時間があまりなかったので行けなかったのですが、時間がある人は時計塔まで登ってみるものいいかも。

時計塔へは、「Via degli Asini(ロバの道)」へ行く入り口から入り、そのまままっすぐ進むと行くことができますよ!
小道をまっすぐ進みましょう。↓↓

 

 

イタリアで最も美しい村」に指定されているブリジゲッラ。

ボローニャからは車が便利ですが、列車でも行くことができます。
ボローニャに来たらぜひ足を延ばしてみてくださいね!

 

【ボローニャからブリジゲッラで列車で行く場合】

①ボローニャ中央駅からローカル線でファエンツァ(Faenza)へ

(所要時間約45分)
②ファエンツァからローカル線またはバスでブリジゲッラへ
(ローカル線所要時間約10分、バス所要時間約25分)

 

 

イタリアで最も美しい村
スポンサーリンク
SATOKOをフォローする
ボローニャとモデナの真ん中田舎暮らし
タイトルとURLをコピーしました