パルマ旧市街のいつでも食事ができるトラットリア「Trattoria Corrieri(トラットリア・コッリエリ)」

仕事が続いていた期間にパルマにも行ってきたのですが、その時にランチをしたトラットリアを紹介しますね。

このトラットリア、この辺りでは珍しく12時~24時(0時)までならいつでも食事ができるんです!

ボローニャでアペリティーボができるような所だと、お昼ごろから夜までずっと食べられるところはありますが、

ボローニャでアペリティーボをするなら!気軽にアペリティーボが楽しめるマッジョーレ広場近くのお店4選
 少し前に「Sol Levante Tour BLOG」でアペリティーボについて紹介したのですが、「ボローニャでアペリティーボをしてみたい!」という人のために、ボローニャで気軽にアペリティーボが楽しめるお店を紹介します。今回は、観光に便利な

レストランやトラットリアで日本のようにずっと開いているお店は珍しい。

遅いランチや早めの夕食など、中途半端な時間に食事をしたい時に便利なお店です♪

 

このトラットリア、ずいぶん前にもこのブログで紹介したことがありました。

パルマ:地元の人に愛される人気店
パルマでは、Aちゃんのお勧めのトラットリアに連れて行ってもらった私達。     さすが生ハムの町! 店内にも生ハムが釣り下がっていました。 パルマの郷土料理もモデナと似ています。 私は3種の詰め物パス...

 

それ以来、違うお店にばかり行っていたのですが、今回「気取らないカジュアルなお店でランチがしたい」というリクエストがあったのでこのお店でランチをすることに。

 

中は、テーブルが所狭しと並ぶカジュアルなトラットリアの雰囲気。
以前は地元の人が多かったような気がするのですが、今回は観光客が多かったです。

暑かったので、スタッフお勧めの地ビールで乾杯!
スタッフも親切で、彼のおすすめ料理を注文しました。

【お勧めは?とイタリア語で聞きたい時は・・・】

初めて行くレストランなどでメニューを見てもよく分からない時、私はスタッフに「お勧めは?」と聞くことが多いです。
観光地のあまり良くないレストランだと高いメニューを言われることがあるかもしれませんが、この辺りのレストランだと大抵はお店の一押しメニューを教えてくれるので、
メニューを見てもよく分からない・・・どれを頼めばいいの~?
と迷った時にはスタッフに聞いてみてくださいね。

イタリア語で「お勧めは?」と聞くには・・・

Che cosa ci consiglia?
(ケ・コーザ・チ・コンスィーリア?=(私たちに)何を勧めますか?)

★一人の時は・・・

Che cosa mi consiglia?
(ケ・コーザ・ミ・コンスィーリア?=(私に)何を勧めますか?)

 

 

南イタリアのチーズ「Burrata(ブッラータ)」の前菜。

【Burrata(ブッラータ)って?】

モッツァレラ生地を袋状にし、その中に「ストラッチャテッラ」と呼ばれるモッツァレラとクリームを混ぜたものを詰めたフレッシュチーズ。

「もっと知りたい!」という人はこちらで詳しく紹介されていますよ!
たまらなくクリーミー!イタリア産「ブッラータ」とは(All About)⇒

 

10年以上前にイタリアに来た時には、この辺りのレストランではブッラータは見かけませんでしたが、最近いろいろなお店のメニューで見かけるようになりました。

ブッラータに生ハムを巻くのはパルマならでは!?

パルマは3種類を注文。
どれもおいしかったのですが・・・

私のお気に入りはこれ!
クラテッロのタリオリーニ」。

もう一皿食べたいくらいおいしかったです♪

ボローニャやモデナのレストランでタリオリーニってあまり見ないのですが、パルマに来るとほとんどのレストランのメニューにあります。

パルマのレストランでタリオリーニ(Tagliolini)を見かけたら、ぜひ食べてみてくださいね!

 

 

このレストランのレジが変わっていたので紹介しておきます。

支払いは出入り口にあるレジでするので、食事が終わったらレジに行きましょう。
テーブルの上にあるテーブル番号を言うと合計金額を教えてくれます。
(伝票はないので、テーブル番号を覚えてレジに行ってくださいね)

現金で支払う場合、お金はこんな機械に入れるんです↓


この辺りのスーパーにある、自動支払い機みたい。
お札とコインを入れたら、お釣りが出てきます。

★クレジットカードまたはデビットカードで支払う場合は、他のレストランと同じです。
カードをスタッフに渡すと専用の機械にカードを入れるので、PIN(暗証番号)を入力しましょう。
(4桁の番号+緑色の「OK」ボタンを押せばOK!)

 

 

 

レストラン情報パルマ情報
スポンサーリンク
SATOKOをフォローする
ボローニャとモデナの真ん中田舎暮らし
タイトルとURLをコピーしました